【受講者の声】現場で活かす:キャリア支援のロールプレイング

20211107.JPG Cマインド主催の技能更新講習
「現場で活かす:キャリア支援のロールプレイング」。

次回は2021年11月7日開催を予定しております。

これまでの開催回における、皆さまの学びを共有いたします。
ぜひご受講ご検討の参考にしていただければ幸いです。

▼お申込はこちらから▼
02aForm-ginou-button-corner_round.png
*******************************
【2021/5/8】

自分なりに見立てを行い、意図をもって端的な質問を繰り返しながらCLの主訴を浮き彫りにして
 CLの自己決定を支援していくことの難しさを改めて実感しました。
 他の受講者の質問(仮説の投げかけや、見方の幅を広げる問いかけ等)など、
 相手に合わせて相手を元気づけながら面談を進めて行くやり方を実見して大変勉強になりました。


CLそれぞれいろいろなケースがあることを理解しなければならないと同時に、
 真っ白な状態でCLの話を傾聴し、気持ちに寄り添うことの大切さを学びました。
 また、キャリアコンサルタントは専門職であるという自信をもって、相談者に情報提供を行うことは、
 CLの思い込みに対して視野を広げる一つの手段でもあることも学ぶことができました。

この度は、実りある時間をどうもありがとうございました。
 ロープレの時間が一人づつしっかりとあり、みなさんからフィードバックもいただけるので、実戦に即した満足感の得られる講座だったと思います。

しっかりロープレをする機会を得られたことから、あらためて基本を見直すことができました。
 またCLに気づきを与える質問の仕方を学ぶことができました。
 先生方の説明がとても分かりやすく充実した時間を過ごさせていただき、どうもありがとうございました。

今回受講させていただいたロールプレイングのように、一見するとそれほど困難な状況ではないのではないかと思う相談でも、
 実際にキャリアコンサルティングをすすめるにあたり具体的な状況や条件による判断が困難だと感じ、
 コンサルティングをすすめるにはクライアントの気持ちにしっかりと寄り添い、クライアントがどうしたいか気づかせるための話法や
 コンサルティング理論をしっかりと確立すべきであることを学びました。
 ZOOMでの受講は初めてだったので私自身戸惑う場面もありましたが、講師の方に上手に進行していただきすぐに不安はなくなりました。

とても分かりやすく、丁寧な言葉遣い、改めてプロの技量を見せて頂きました。有り難うございました。

見立てをしながらCLに関わっていくこと。ライフステージを意識することを学びました。
 的確なフィードバックをしていただきありがとうございました。

キャリア支援にはプロセスがあることとCLが悩んでいることにはそれぞれの背景や感情があり、
 それをしっかりと聴いていくことが重要であることを学びました。

 小林先生の解説がとても適切で素晴らしかったです。自分も小林先生のような観察力を身に付けたいと思いました。

*******************************
【2020/11/23】

◆自分のくせを発見することができました。また、問題把握を丁寧に行い、面談の目的をクライアントと共有することの重要性を学びました。

◆ロールプレーイングを通して、気持ちへの寄り添いの重要性、間の取り方、学び直しの大切さ等を学びました。
 目標について改めて考える良い機会でした。ありがとうございました。

◆ロープレを通して、自身のキャリコンの進め方などの振り返りができました。

◆①主訴をつかむこと ②CLの感情を深堀すること の2点を学びました。有意義な講習でした。

◆相談者の問題を的確に把握することやキャリコンの6原則、相談者の考え方や特性によって方策を考えることを学びました。

◆ロールプレイを2回体験することで、間を取ることができ、問題把握や展開がかなり良くなりました。
 
*******************************
【2020/11/8】

◆クライエントとの共同作業により、クライエントに寄り添い聴いていくという姿勢を再確認できました

◆システマティックアプローチを利用した振り返りができました。ありがとうございました。

◆問題把握の段階で、主訴の背後に潜む真の問題は何なのか、オープンクエスチョンで引き出し、たくさん出た問題をクライアントに選んでもらい、
 焦点化するために丁寧に傾聴することを学びました。有意義な研修でした。ありがとうございました。

◆クライアント1人1人の話をしっかり受け止め、クライアントに寄り添って、クライアントが抱える問題を把握し、課題解決に向けたプロセスで
 キャリアコンサルティングを進めていくこと(クライアントの気づきを促す、気づいていただく時間にしていく)を学びました。

◆今日の研修を受講し、悩みがない人なんていないし、悩みじゃなくてもこれまでの仕事の棚卸など、問いかけ一つで引き出せるんだと実感しました。
 このような研修を開催されるときは、案内をいただけたらと思います。 本当に勉強になりました。
 そして、もっと繰り返しトレーニングを受けたいと思いました。

◆面談の途中で整理の時間を持つと進めやすくなり、コンサルタントが言葉にするのではなく、クライアントが言語化し気づきを得られるような
 問いかけが大事だと学びました。

◆プロセスを考えながらキャリアコンサルティングを進めていくとはどういうことか、個々の場面で、どのように実践していくのか、等について、
 非常に具体的な学びとなりました。
 また、問題把握の場面で、どのように転機の理論の4Sを活用していくか?についてアドバイスもいただけ、理論を実践に落とし込むことについても
 具体的にイメージでき、相談業務の中で活用していきたいと思いました。
 うまくいっている点と改善点について、非常に的確な言葉でご指導いただいていると感銘を受けました。
 更新講習の機会だけでなく、今回のようなグループでのスーパービジョンを定期的に受けたいと思います。

*******************************
【2020/9/5】

◆関係構築ができていることが前提ですが、状況確認を的確にし、要約する事によって自己理解を深め、ゴール設定し共有を目指すこと、
 また、問題解決へ多くのアプローチ方法を学習しました。(概念化、システマチックアプローチ、バンデューラ等)
 ロールプレイングの必要性を強く感じました。また、学び続ける貪欲さが必要だと思いました。初心に戻り、研鑽していきたいです。
 久しぶりのロールプレイングでとても緊張しておりました。先生方の優しい言葉に助けられました。zoomでの講座を受けて、良かったです。

◆日頃のキャリアコンサルティングの見直し、及び今後の課題の洗い出しが出来ました。
 講師の先生方の参加者への適性に合わせたアドバイスや指摘は、適切で次へのステップの動機付けになりました。
 それぞれの参加者の個性に対処した課題を頂き、そのことそのものがキャリアコンサルタントの関わり方のお手本として勉強させて戴きました。

◆クライアントが何を目的にきて、どんな支援ができるのか、概念化を行うことで、面談の時間がよりよいものになることを学びました。
 寄り添う気持ちや受け止めようとする気持ちは伝わっているとのことなので、今後は問題把握を的確に行い、クライアントと一緒に
 目標設定・方策の実行ができるように学んでいきたいです。
 課題だけではなく、良い面も具体的にフィードバックを頂けるので、前向きに進む気持ちになりました。

◆講師の方々からの、みっちりロールプレをご指導頂きながら、丁寧なフィードバックがあり参考になることばかりでした。
 また、受講生の皆さんのロールプレイを見る事で学びもあり、参考になりました。
 毎回、丁寧に指導してくださり、とても感謝しております。
 今後は更新のためだけでなく、課題などに向き合い、講習を通して、自己研鑽していきたいと思います。

◆信頼関係構築や介入スキルは大分身についてきているため、プロセスをもっと意識することを心がけていきたいと思います。
 大変勉強になりました。ありがとうございました。

◆他の方のロールプレイングを見て、先生の振り返りを聞くことにより、課題と展開が変わるポイントを理解することができました。
 状況確認後に感情を聞く事や、伝え返しの後間を開けて相談の内省を待つなど、コンサルタントの理論をどこでどう使えばいいのかを
 体験することができました。

◆目標設定し考えながら進める大切さ、相手を褒めすぎないことを学びました。